【レビュー】Lenovo Explorerを買ってみた感想・装着感

【レビュー】Lenovo Explorerを買ってみた感想・装着感

VRコンテンツに手を出したくなり、Windows MRの「Lenovo Explorer」を買いました!

軽さ、装着感の評判からこちらを選んでみましたが、とてもいい調子です。

公式サイトで値段4万円未満で購入しましたが、Amazonのほうが安く売っているようです。

 

これから開封の儀や、Lenovo Explorerを買った感想、やってみたVRコンテンツについて記していこうと思います。

Advertisement

開封の儀

ファーストインプレッション。箱自体は記事のトップ画像の状態で送られました。

そちらを開けてみると、説明書とヘッドマウントディスプレイ本体がお目にかかりました。
Lenovo Explorer

箱にはヘッドマウントディスプレイ本体、コントローラー、説明書、クリーナー、乾電池の入った黒い箱が入ってます。
Lenovo Explorer乾電池はお試し用程度の容量なので、単3型の乾電池がない方は予め蓄えておくと良いと思います。

装着感等

他のWindows MR製品より軽く装着感が良いとの評判で買ってみましたが、確かにそこまで気になるほどの重さではありませんでした。

VRゲームを最近は結構やっていますが、9時間くらい続けて装着しているのも苦ではありません。

装着し辛い感じもなく、鼻辺りに隙間ができて外の光が入ってくることも自分はないので、装着感に関しては満足しております。

また、メガネをかけて装着してますが、メガネとの相性もバッチリです!←(ここ重要)
目や耳周りが全然きつくなりません。

逆に気になった点は、ケーブルです。装着していても、右側にケーブルがあることを意識させれらます。

VR機器全般に言えることだと思いますが、ゲーム中に回っているとケーブルの長さの制限があるため、戻らないといけません。

Lenovo Explorer(Windows MR)でできるゲーム

Windows MRでもSteam VRのゲームはプレイすることができます。

最近流行りの、迫りくるブロックをライトセーバーみたいな武器で斬る音ゲー「Beat Saber」や「VRChat」も問題なくプレイできています。
Beat Saber

他にも「HTC VIVEに対応しています」と記載されたゲームなども試していますが、少しコントローラの操作キーが違うだけでできないゲームはありませんでした。

PCでできるVRコンテンツは一通りWindows MRでもプレイ可能なようです。

感想まとめ

装着感もよく、プレイできなかったゲームもなく満足!

ただ、VRコンテンツはまだ始まったばかりなのか、細かいバグなどは少し見受けられます。(他のソフトと競合してMixed Realityのポータルが起動に失敗するなど)

本格的にVRを楽しむとなると、以下のような10万円をたやすく超える「HTC VIVE PRO」が必要になるかもしれませんが、まだまだVR業界は発展途上のためひとまず「Lenovo Explorer」で様子を見るといったところでしょうか。

 

VR機器を買っても使わなくなるかな?と思っておりましたが、Lenovo Explorerを買って約4週間ほど経った今、VRChatにドハマリしております。

VRChatのレビューも別の記事でやりたいなと思います。